G.ZUIKO AUTO-S 1:1,2  f=55mm

このレンズについて

 M-1のころからラインナップされていた大口径標準レンズです。中古屋等ではモノコートの銀縁、黒縁が見つかりますが、その他に黒縁のマルチコートタイプが存在すると言われています。残念ながら実物を目撃したことはなく、目撃情報もごくわずかです。

 50mm/1.8などに比べるとかなり大きく重いのですが、OM-1に装着された姿はなかなかかっこいいです。
 前側から見ると反射光は焼けたような茶色で、透過光もやや茶色になっていますが、それはこのレンズの持病みたいなもので、現存するものは多かれ少なかれ同様の状態になっているようです。撮影してみると確かに色づきは感じられますが、個人的に暖色系の写りは好きですので基本的に問題はありません。ただ、被写体によっては気になることもあります。
 また、手許のものは後ろから一枚目か二枚目のエレメントにうっすら曇りがあり、何とか拭きたいと思っているのですが、どうやら無理のようです。気にせず使うしかありません。

写りは

 開放ではピント面でない部分に霞がかかったような状態が見られますが、F2に絞ると実用上問題なくなり、F2.8にすれば安心して使える、と思います。ボケ方も比較的素直です。よく写ると感じるときと、疑問を感じるときがあります。世間では評価は悪くないのですが、これといって心に響く写真が撮れたことはありません。相性が悪いんでしょうか。
 今回の作例は銀縁のものですが、近いうちに黒縁の作例を載せたいと思います。


作例

     

   new  new

new  new  new    new

new    new    new