ZUIKO AUTO-W 35mm 1:2.8

このレンズ

 このレンズをいつどこで買ったのか、今ではもう覚えていないのですが、再度カメラに目覚めてすぐのころだったと思います。見つけ次第手を出すというありさまで、この焦点距離が必要で手を出したわけではなかったので、当然出動回数は多くありません。35mmといいますと、人によっては広角だし、標準という人もいますね。私にとっては広角ですが、しっくりくる焦点距離ではありません。「これを撮るには35mmがよい」という場面はありますが、35mmに合わせて撮るということができません。スナップでの話なのですが、自分が撮ろうとするものに対して自然に取る間合いが、どうも35mmでは合わないみたいな感じです。50mmでの撮影が多かったせいもあるのでしょう。
 50mmでスナップすると、看板とか花とか変なものとかの静物を撮ることが非常に多いわけですが、人を入れようとすると50mmでは窮屈に感じるようになるんです。だから、こういうときは35mmが登場します。逆に35mmをつけて持ち出すと人を入れて撮るようになると言えるかもしれません。

 このレンズも大変コンパクトで、50/1.8, 28/2.8(3.5)などと並べてもどれがどれかよくわからないくらいです。値段も中古なら1万円台前半くらいでしょうから、OM使いなら持っていても損はないでしょう。

写りは

 ズイコーレンズを使っていていつも感じるのは、他社のレンズに比べて色が地味といいますか、くすんだ感じに写ることが多いということなのですが、このレンズもそういうズイコーの傾向を持っていると感じます。それが実際の色に近いのかもしれませんが、後でアガリを見て楽しいのは、やはり地味よりは鮮やかな写真ですから、ズイコーはその辺で損をしているかもしれません。
 下の作例を見ても、全体としては(天気のせいもありますが)地味な感じがします。そんな中で、原色(特に赤)がやけにこってりと出る傾向があるようにも感じます。

2003.12.07.再スキャン


作例