MAMIYA -SEKOR E 1:2 f=50mm

このレンズについて

 SEKOR EF 50/1.4で味をしめ、次に手を伸ばしたのがこのレンズです。海外オークションで落札したものですが、送料が落札価格の倍以上という、素直に喜べない結果でした。
 発売当時の定価が14,000円ということで、ラインナップの中では最安値のレンズです。スペックも最廉価版らしいものですが、最短撮影距離はF1.7やF1.4のレンズと同じ45cmで、がんばっています。
  SEKOR EF50/1.4と同様、銘板やローレット一体成形のピントリングなど樹脂を多用していますが、持ってみて軽いという印象はありません。大きさ、重さともズイコー50/1.8と同じくらいです。ZEには合うレンズですね。
 10個ある接点のうち使用しているのは4つで、基板の裏側に小さなICが3つ半田付けされています。EFレンズと違い、ピントを合わせた距離の情報は送れませんので、焦点距離だけをボディに伝えているものと思われます。この焦点距離情報はZE-2以降のボディで有効になるようです。

使ってみて

 取り立てて可もなく不可もない、ごく普通の標準レンズですね。このシリーズのレンズは、ヘリコイドがすかすかになっているものが多いという話なのですが、こいつももうすぐすかすかになりそうな気配です。ゆっくり回しているときはまあまあの粘りなのですが、ちょっと早く回すとすこっと回る部分があります。近いうちにグリス塗り直しが必要でしょう。

写りについて

 古いカメラばかり使っていますと、F2という開放値はかなり明るいレンズと感じるのですが、日本の一眼レフの標準レンズとしては暗い方になります。暗いレンズの方が設計に無理がないので写りはよい、という定説がありますが、どうなんでしょうね。もちろん、このレンズはよく写りますが、50/1.4と使い分ける気になるほど違いがあるかというと、それほどでもない気がします。このレンズの開放よりは50/1.4を一段絞った写りの方が安定していて好ましく思いますし、もう一段開けられる安心感があるという点で、50/1.4があればいいってことになるかもしれません。

2002.09.24.


作例